『かのこちゃんとマドレーヌ夫人』 万城目学

かのこちゃんとマドレーヌ夫人イメージ ファンタジー
かのこちゃんとマドレーヌ夫人イメージ

かのこちゃんとマドレーヌ夫人』は猫のマドレーヌ夫人と、その飼い主である小学校1年生のかのこちゃんの、ちょっと不思議な日常を描いた物語。

かわいくて不思議なお話なので、子供も大人も楽しめます。

今までの万城目学作品の「鴨川ホルモー」や「鹿男あおによし」「プリンセス・トヨトミ」などの歴史をベースにしたものとは違って、ひたすら猫と女の子ののほほんとした生活が描かれています。

とはいえ、そこはマキメさんのことなので、一筋縄ではいきません。

この物語ではかのこちゃんとマドレーヌ夫人の日常が交互に描かれていて、一見接点がないように思えるんですが、物語が進むうちに、少しずつつながりが見えてきます。

著:万城目 学
¥455 (2024/04/22 09:05時点 | Amazon調べ)

かのこちゃんとマドレーヌ夫人 あらすじ

マドレーヌ夫人は1年前の嵐の日、老犬・玄三郎が犬小屋に匿ってから、かのこちゃんちの飼い猫になりました。

マドレーヌと玄三郎は、ふつう動物の種類がちがうと言葉が通じません。(らしい)

けれど、マドレーヌ夫人は玄三郎の言葉だけは理解できて、ふたりは「夫婦」として暮らすことになります。

一方、小学校1年のかのこちゃんは、ある朝教室で、すずちゃんを見かけます。すずちゃんは鼻に親指を突っ込んで、ほかの指をひらひらさせていました。

ひとめで「こやつはできる」と感じたかのこちゃん。なんとかすずちゃんとお友達になろうと試みるのですが、なぜか避けられてしまいます。

老犬・玄三郎の病気や、やっと仲良くなれたすずちゃんとの別れ。かのこちゃんにつらい出来事がやってきます。その時、マドレーヌ夫人がちょっとした奇跡を起こしてくれるのです。

小学生の日常と猫の日常

小学生の日常と猫の日常がとてもリアルに書かれていました。読みながら実際に小学生だった時のことを思い出したり、もし自分が猫だったら、こんな視点からものが見れるのかと思ったり。

マキメさんの描く世界は日常の横っちょにストンと「不思議」が収まっているのですね。だから、読んでいてこんな世界もあるのじゃないかと思えるんです。

かのこちゃんが茶柱をう○こで再現して喜んでいるところは、実に小学生らしいですね。(大人は眉をひそめるけれど)

鹿男とのつながり

どうやら、かのこちゃんのお父さんは「鹿男あをによし」の主人公のようです。

その証拠に、かのこちゃんの名前はあの神の使いであるしゃべる鹿からもらったそうですから。

そうなるとお母さんはイトちゃんかな?かのこちゃんからお父さんが鹿と話せると聞いた時に「お父さんがいうのなら本当じゃない?」と言っていましたので。

たぶんイトちゃんではないんでしょうね。イトちゃんは鹿と話ができるから。

どちらかと言うとドラマ版の藤原くんぽい気がします。

著:万城目 学
¥784 (2024/04/18 23:14時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました