『小さなピスケのはじめての旅』 二木 真希子

森のイメージ 絵本
森のイメージ

絵本『小さなピスケのはじめての旅』は、ジブリのアニメーター、二木真希子さんがお話です。

私、絵本はほとんど読まないのですが、読んだらいっぺんで好きになってしまいました。

著:二木 真希子
¥1,265 (2024/04/17 01:37時点 | Amazon調べ)

『小さなピスケのはじめての旅』あらすじ

ねずみに似たジュムというの女の子・ピスケは親元を離れ、自分の家を探す旅に出ます。

「木や川に、いいよっていってもらったら、そこに住みなさい」

お父さんからこう言われ、ピスケは旅の途中で気に入った場所を見つけると、住んでもいいか聞いてみます。

けれども、居心地のいい場所みつけても街は定員オーバー。岩穴は風が強くて住むことができません。

やがて、川のそばに快適住まいをみつけたものの、お父さんから言われた言葉を忘れてしまい…

自分の居場所をさがす旅

子どもが独立して自分の居場所を探す物語は、ジブリの「魔女の宅急便」を思い出します。

「魔女の宅急便」では、すぐに住まいと仕事がみつかり、冒険が始まりました。でも、『小さなピスケのはじめてのたび』では、住まいを見つけるまでが冒険となっています。

そして、「住む場所を決めるとき、きちんと自然に許可を住まないと、しっぺ返しをくらう。」

といった、きちんと約束を守る大切さを子供達に教えてくれています。

ピスケはそんな失敗を繰り返しながら「自分の居場所」を探し出していきます。

言葉にできないけれど、なにかすごいもの

『小さなピスケのはじめての旅』を見たとき、その圧倒的な自然描写に驚き、ました。

それは、小さな頃に「アルプスの少女ハイジ」見た時と同じような感覚なんです。ハイジの、他のアニメとは明らかに違う描写は、子供心にも感動したのを覚えています。

言葉にはうまくできないのだけど「なんかすごい」と。

『小さなピスケのはじめての旅』でもその「なんかすごい」を感じました。

木々や草花が迫ってくるような詳細な描写や、居心地のよい部屋の中。美味しそうな木の実。

この絵本を読んだ子どもたちにも「言葉にできないけれど、なにかすごいもの」を感じ取ってほしいです。

二木真希子さんは他にも『世界の真ん中の木』も描いてらっしゃいます。大きな木の中に世界がある話です。

著:真希子, 二木
¥2,750 (2023/07/03 23:59時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました