『やぶる うまれる 絵本』rekko

やぶるうまれる絵本 絵本
やぶるうまれる絵本

やぶる うまれる 絵本とは、文字通り「やぶっていい絵本」です。ページの中にある、まるい円の切り抜きから、ビリビリと自由にやぶいていいのです。

やぶることで あらたにうまれる絵本。その時の感覚でやぶった本は、世界にひとつしか存在しません。そんな感覚が楽しい本なんです。

固定概念をビリ破れ!
固定概念をビリ破れ!
やぶるうまれる絵本  案内文
やぶるうまれる絵本 案内文

やぶる前とやぶった後

本をやぶる前とやぶった後はこんなかんじ。私はひこうき雲みたいにやぶってみましたが、やぶり方は自由なんです。もっとやぶいてみてもよかったかな。

やぶるうまれる絵本 青空と飛行機
やぶるうまれる絵本 青空と飛行機
やぶるうまれる絵本 青空とひこうき雲
やぶるうまれる絵本 青空とひこうき雲

また、この絵本は、下の紙に文字や絵「しかけ」が隠れていることも。やぶった時に、そのしかけを見つけると、なんだか宝物をみつけたようにワクワクします。

やぶるうまれる絵本
文字がが隠れていたり
やぶるうまれる絵本
おばけが隠れていたり

子どもも大人も、やぶってみよう

今まで、「紙のやぶり方」を教える本はあっても、絵本自体をやぶることはタブーでした。

しかし、この本では、思いっきりやぶいても叱られません。こどもはもちろん、大人も楽しむことができる絵本です。

私はこれまで、リラックスを目的とした塗り絵クラッチアートを試してきました。けれども、「うまく作りたい」という気持ちが強くて、リラックスよりもストレスを感じていたのです。

でも、この本なら、思いっきりビリビリとやぶくことでストレス解消になります。それに、もともとの絵がついているので、思うままにやぶってもそれほど下手にはならない。

まるで、新雪にはじめて足あとをつけるような楽しさがあるのです。

子どもは自分の感性のままに。大人は、ストレス解消に。自由にビリビリしてみましょう。

「やぶる うまれる 絵本」のオンラインページ(予約注文)

Amazon購入ページ

著:rekko
¥5,500 (2024/07/13 17:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

出版社 さりげなく

このユニークな本をつくったのが「さりげなく」という、変わった名前の出版社です。京都にある小さな出版社である「さりげなく」は、他にも変わった企画の本を出しています。

こちらの「納豆マガジン」もそのひとつ。納豆レシピや製造業者取材といったまともな企画から、パックの中の納豆の粒、ひとつひとつを数えたり、豆の大きさを測ったりと、ぶっ飛んだ企画満載の納豆雑誌です。

他にも、閏年にしか本屋に並ばない本、一冊いっさつ、手作りで製本する本など、まるでヨシタケシンスケさんの『あるかしら書店』のようです。

タイトルとURLをコピーしました