『楽園のカンヴァス』原田マハ

アート・ものづくり

原田マハさんのアート小説『楽園のカンヴァス』。アートに興味のある人はより面白く、興味のない人にもミステリのように楽しめる作品です。

『楽園のカンヴァス』はアンリ・ルソーの「夢」を題材にした物語です。
ルソー研究者の主人公たちが、コレクターに招かれて不可思議な鑑定に参加することに。それは、この鑑定対決に買ったものが、ルソーの絵に関する権限を得ることになるというもの。

コレクターから提示された作品「夢を見た」は、果たして本物なのか、それとも…。

著:原田 マハ
¥737 (2024/07/03 18:32時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

事実と虚構の絶妙なデザイン

この物語では、「夢を見た」というルソーの未発見の絵の真贋を依頼されるのですが、この架空の絵が、まるで実際に存在するかのように描かれています。

ほんとうに、どこからが現実で、どこからが創作かがわからりません。読み手である私も物語に翻弄され、ページをめくる手が止まりませんでした。

史実の部分は、原田マハさんは実際にキュレーターとして活躍されていた経験と知識に裏打ちされています。

マハさんはそんな事実を元に「ありえそう」な可能性を探り、事実と虚構を絶妙に織り上げて作品が構成されているんですね。

ミステリのような展開

『楽園のカンヴァス』は、原田マハさんの他のアート小説よりも、ミステリの要素が多い作品です。
一体、どんな結果が訪れるのか、ハラハラしながらページを捲る手が止まりませんでした。

はたして、ルソーの絵は本物なのか。二人の鑑定人、ティムと織絵がどんな判断を下すのか。
彼らが読んだ「夢を見た」というルソーの物語は誰が書いたのか。

インターポールや画商、キュレーターたちが水面下で絵を狙っていて、ティムは脅迫されたり、協力をもとめられたりと、サスペンスのように状況が変化していきます。

二転三転する判定と、最後の真実には驚きました。そして、美術の知識がなくても充分に面白い美術ミステリでした。

もっと知識があったなら、もっと深く読み解けたかもしれないのが残念。

アンリ・ルソーについて

物語の重要な鍵となるアンリ・ルソー。彼は日曜画家、下手くそと蔑まれながらも絵を描き続け、やがてピカソなど一流の芸術家からも評価をうけます。

しかし、『楽園のカンヴァス』の舞台である1980年代にはまだ、あまり評価は高くなかったようです。

著:アンリ ルソー, 著:上妻純一郎
¥200 (2024/07/03 18:34時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

原田マハ アート小説

タイトルとURLをコピーしました