Audible(オーディブル)のメリットデメリット

オーディオブック オーディオブック
オーディオブック

Amazonのオーディオブック、Audible(オーディブル)。使ってみたら思ったよりもずっと快適でした。

ここでは、実際に私が使ってみて感じたAudible(オーディブル)のメリットとデメリットについて書いています。

Audibleのメリット

Audibleの聞く読書は、始めてみると実に快適でした。

  • 聞きながら家事や雑事がこなせる
  • 満員電車でも本が楽しめる
  • 聴き放題なら、定額料金で人気書籍が楽しめる

気が乗らない家事や作業も、Audibleを聞きながらやると効率が上がりました。

また、満員電車でも本を読むことができるし、荷物が少なくなるのもうれしいですね。

AmazonのAudibleは、有名声優の朗読やポッドキャストが聞けて月1,500円

さらにAudibleは有名声優や俳優の朗読が魅力のひとつです。原田マハさんの『板上に咲く』は、俳優の渡辺えりさんが朗読を担当。情感あふれる津軽弁のセリフが素晴らしいです。

Audible
¥3,000 (2024/05/30 22:42時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Audibleのデメリット

もちろん、デメリットもあります。小説のように起承転結があるものならいいのですが、自己啓発やノンフィクションはやや退屈に感じることも。

だから、ラジオのように聞き逃してしまうことも多く、そこがちょっと困りものです。

  • 「読む」よりも時間がかかる
  • スマホの電池が減りやすい
  • 聞き逃してしまうことがある

まとめ

作業をしながら本を楽しめるオーディオブックなら、作業効率も上がりますし、スマホがあればどこでも楽しめます。

しかし、サブスク料金がかかるのはもちろん、紙の読書より時間がかかったりとデメリットもあります。

AmazonのAudibleは、有名声優の朗読やポッドキャストが聞けて月1,500円

タイトルとURLをコピーしました