乙女の本棚『待つ』太宰治・今井キラ

乙女の本棚イメージ イラスト集
乙女の本棚イメージ

乙女の本棚シリーズ『待つ』は太宰治の小説を今井キラさんがイラスト化。美麗で儚げな少女が「待つ」のは一体誰なのでしょう…?

『待つ』あらすじ

毎日、駅のベンチに佇んで「誰か」を待つ少女。彼女自身、待ち人が誰かわからない。

もし、その相手が現れた時、自分がどうなってしまうのだろう、そんな期待と恐怖を胸に描きながら待ちわびているのだった。

戦争の影が迫る中、少女は何かしなければと思う一方で、空想の相手を待ち続ける日々を送っている。

著:太宰 治, 著:今井 キラ
¥1,940 (2024/05/20 11:30時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

太宰治の乙女小説

少女の心の機微の表現がすごい。もしかしたら、太宰治の中には乙女がいるんじゃないでしょうか。

「見知らぬ誰かを待つ」というなんとも不思議な物語ですが、少女の頃というのは、こうした妄想というか、衝動みたいな思いを誰しもが持っていると思うのです。

言葉にできないような、そんな繊細で微妙な少女の心を、的確な言葉を当てて文章化されている。

そしてそれを、男である太宰治が描ききっているのがすごいことだと思います。

乙女の本棚シリーズ

タイトルとURLをコピーしました