文字のしおり「今日はここまで明日はここから」

文字のしおり 本にまつわる話
文字のしおり

文字のしおり」は文字通り、文字で作られた栞です。Threadsのフォロワーさんから教えていただきました。

私は常々ユニークで可愛らしくて、楽しい読書がより楽しくなる栞を探してましたが、「文字のしおり」はまさに私の探していた理想のしおりでした

文字のしおりとは

このしおり、正文社印刷所という岡山の印刷会社がつくっている栞です。文字が切り抜かれているのですが、その文面がとてもユニーク。

今回、購入した『今日はここまで明日はここから。』のほかにも面白い文面がたくさんあり、読書マニア心をくすぐります。これは、いろいろ集めたくなりますね…。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

読書の気分がアガる栞

本読みにとって、栞は相棒のようなものです。どこまで読んだか知らせてくれるという、重要な役目を担うツール。

だから、「せっかくなら気分がアガる栞を使いたい」と常々思い、いろいろな栞を集めるようになりました。

アートな栞

こちらは、棟方志功展に行った時に買った栞。棟方志功が描いた烏がプリントされています。プラスチック製なので厚みがあり、本が開きやすいのがポイント。

もちろん読んでいるのは棟方志功を描いた原田マハさんの『板上に咲く』です。文章と絵のコラボレーションに読書の気分もアガります。

棟方志功のしおり

そして、文字のしおり

そして、今回、読書気分を盛り上げてくれる「文字のしおり」。読書の気持ちをアゲてくれるのはもちろん、繊細な細工のため、丁寧に扱おう気持ちになれます。

ふだんの私は、本をがさつにバックにいれがちなので…。

そんな繊細な「文字のしおり」、使用上の注意を読んでみると、かなり細かい注意書きがなされています。

  1. 力をいれると破損する場合があります
  2. 子供やペットの側におかないでください
  3. 洗濯をしないでください

…いや、1と2はわかりますが、洗濯はしないんじゃないかな…。そもそも、服にいれた時点で破損するおそれがあるし…。ベンジンもシンナーも栞には使わないんじゃ…。

と、よくよく見ると注意書きもユニークな文字のしおりでした。

タイトルとURLをコピーしました