グラシン紙のブックカバーで、自宅の本棚を古書店風に

グラシン紙ブックカバー 本にまつわる話
グラシン紙ブックカバー

わたしがグラシン紙(リュウサン紙)にハマったきっかけは古書でした。

半透明の紙につつまれた本を見ると「ああ、古書店に来たんだなあ。」とワクワクしたものです。

ある時、購入した古本にたまたまグラシン紙のブックカバーがかかっていました。さっそく読んでみたら、紙のすべらかな感触がたまらなく心地よかったのです。

そこで
「グラシン紙で家の本を包んだら、本棚が古書店のようになるのでは?」
「グラシン紙のブックカバーなら、読書がもっと楽しくなるのでは?」

と思った私は、さっそくネットで買い求め、コツコツとブックカバーを作り始めたのですが…。

Generic
¥730 (2024/06/27 22:04時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

これは…とても楽しいです!
ブックカバーを折るのも楽しいし、家の本「古書」のような格式高い雰囲気になるのも面白い!

グラシン紙ブックカバーのメリット

グラシン紙のブックカバーは本の湿気や日焼け対策としても良いのですが、他にもこんなメリットがありました。

  • 持った時のさわり心地がいい
  • 半透明なので、本のタイトルがわかりやすい
  • カバーのない古い本も、価値があるっぽく見える

カバーが取れた古い新潮文庫も、こうやって包むとなんだか価値がありそうな雰囲気になりました。

新潮文庫とグラシン紙
新潮文庫とブックカバー

本棚古本屋計画(?)に夢中になった私は、今度はA4サイズの紙を注文。これで写真集や画集を包みまくるつもりです。

これまで私の包み方は自己流だったのですが、後に装丁の本を買ったところ、グラシン紙のブックカバーのかけ方があったので、次は本の通りにやってみようと思います。

河出書房新社
¥2,310 (2024/06/27 21:55時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ブックカバーやしおりに凝りはじめると、読書がより楽しくなりますね。

タイトルとURLをコピーしました