まんまことシリーズ『おやごころ』畠中恵

江戸のイメージ 歴史・時代小説
江戸のイメージ

「まんまこと」シリーズ第9弾。町名主のお気楽息子・麻之助が江戸の人々の悩みや困りごとを解決していきます。

前回の『いわいごと』で同じ町名主の娘、お和歌と再婚した麻之助が父親に。

先妻・お寿ずが出産で命を落としたため、お和歌の妊娠に不安を抱く麻之助。そんな麻之助の心配をよそに、今日も江戸では様々な揉め事が麻之助を待っているのでした。

おやごころ あらすじ

お和歌と結婚し、落ち着いたかと思いきや、やっぱり麻之助のお気楽さはそのままです。ですが、そのお気楽さが周囲を救っていきます。

著:畠中 恵
¥1,599 (2024/04/16 20:22時点 | Amazon調べ)

たのまれごと

悪友で与力見習いの吉五郎のもとへ来たやっかいな相談事を押し付けられた麻之助。旗本の息子の素行が悪いと親から訴えが合った件を調べることに。おまけになぜか、妻の友人のたのまれごとまで引き受けることに…。

こころのこり

町の江戸店(関西に本店のある店の江戸支店)で大事な品が盗まれたと訴えが三軒、麻之助のもとによせられた。話をきくと、店を預かる大番頭と本店との確執や家族の悩みが浮き彫りになってきて…。

よめごりょう

妻のお和歌と夫婦になる約束をしたと、妻の親戚の男が麻之助に因縁をつけてくる。妻も妻の家族もそんな話は聞いたことがない。果たして男は、一体何の目的で因縁をつけてきたのか…。

麻之助走る

妻のお和歌が妊娠中、麻之助が不安な気持ちを払うため町の中を走っていると、あちこちから頼まれごとやお使いを頼まれることに。

その途中、町の様子に違和感を覚えた麻之助は悪友の清十郎とともに調べてみることにした。

終わったこと

吉五郎からまたしても武家絡みの揉め事を頼まれる。八丁堀の与力の娘が笠の男につきまといをされているという。果たしてつきまといは元許嫁の男なのか、それとも…。

おやごころ

無事、子供が生まれて一安心と思いきや、なぜか親子の揉め事ばかり持ち込まれるようになる麻之助。大奥の元お女中の依頼のため、失敗は許されない。果たして、無事解決できるのか…。

江戸の家族について

『おやごころ』では、「妹に婚約者をとられました」的なラノベのような事件が起こります。その妹が姉の婚約者を奪ってしまうのですが、親は周囲の忠告に耳を貸さず、自分たちが悪いとも思わないのです。

江戸時代の毒親とそれを防ぐ人々

歌舞伎や落語のイメージから江戸は情が厚いのかと思っていたら、やはり毒親も悪役令嬢もいるんですねえ…。

当時は「(どんな親でも)親は敬うべき」という儒教思想がはびこっているので余計にやっかいです。実際、小遣い欲しさに娘を遊郭に売る親もいたとか。

ただ、昔は地域や親戚の関係が手厚いのが救いになっているみたいです。親戚が親に説教をしたり、麻之助のような町名主が相談に乗ってくれるのはありがたいですね。

著:畠中 恵
¥710 (2024/04/16 20:22時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました