不良女中の人生を描いた『女中譚』中島 京子

女中イメージ 人間ドラマ
女中イメージ

女中が主人公の『小さいおうち』。その作者『女中譚』は中島京子さんが描く、もう一つの女中の物語です。
永井荷風・林芙美子・吉屋信子など、作家が描いた女中が出てくる小説をベースにした連作集でもあります。

物語は秋葉原のメイドカフェの常連、90歳を超えたおすみばあさん。彼女が女中時代の思い出を若者たちに(勝手に)話し始める物語です。

著:中島京子
¥63 (2024/02/07 14:52時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

不良女中の人生

『小さいおうち』のタキさんは、勤勉な家事のプロフェッショナルでした。でも『女中譚』のおすみばあさんは、一言でいうなら「すれっからし」です。

おすみさんはもともと女給(現代でいうとホステスみたいなもの)でした。

悪い男と組んで、その男が売った女から金を引き出す手紙を書いてみたり、奉公先を飛び出したり、夜にダンス練習所に通ってダンサーを志してみたり…。

彼女の行動には一貫性がなく、浮草のような暮らしぶりです。

女中体験譚

小さいおうち』とくらべると、やはり面白さには欠けるかもしれません。

元女中の老婆が昔を回想するという手法は同じです。

しかし、『小さいおうち』のように、当時の社会情勢エピソードでうまく物語を包むのではなく、ちょっと強引のからめている感じがします。

あとは主人公のおすみさんの性格や行動に、まったく共感ができなかったのも原因かも。

メイドと女中

秋葉原のメイド「りほっち」とおすみばあさんの年齢を超えた友情の話は好きでした。

リボンやレース、ボタンなど、「可愛い、きれいなもの」が好きというセンスを共有しているふたり。りほっちは、ばあさんと同じ古アパートに住んでいて、世話をやいたりしています。

ご飯を食べながら、ばあさんがせがまれて昔の話をするところなどは、読んでいてほっとするシーンでした。

タイトルとURLをコピーしました