小説感想

スポンサーリンク
恋愛

小川糸さんの恋愛小説はファンタジーのよう

『蝶々喃々(ちょうちょうなんなん)』 小川 糸 「蝶々喃々」は「食堂かたつむり」の小川糸さんの作品。男女の大人の純愛不倫を描いた作品です。 ちなみに「蝶々喃々」とは、「男女がうちとけて小声で楽しそうに語りあうさま」という意味だそうです。 下...
不思議

『ないもの、あります』クラフト・エヴィング商會

奇想天外な空想博物本を発表しているクラフト・エヴィング商會。 「どういうこと?」と思ったら、まずは読んでみてください。 「ないもの、あります」は、本のタイトル通り、ことばの上では存在するけれど、実際に存在しないものをあたかも「ある」ように作...
不思議

『つむじ風食堂の夜』吉田 篤弘

『つむじ風食堂の夜』は、『それからはスープのことばかり考えて暮らした』と同じ、懐かしさの残る架空の街・月舟町を舞台とした物語。 わたしは食いしんぼなので、物語のなかに食堂がでてくるお話が好きです。 本なら『グアテマラの弟』『かもめ食堂』など...
料理・食べ物

『それからはスープのことばかり考えて暮らした』 吉田 篤弘

「それからはスープのことばかり考えて暮らした」は「つむじ風食堂の夜」と同じく、舞台はどこか懐かしい雰囲気の町・月舟町。 町のサンドイッチ屋さんを舞台にしたおはなしです。 会社を辞めて月舟町に引っ越してきた大里くん。彼がマダムと呼ぶ大家さんか...
日常系

『くうねるところすむところ』平 安寿子

『くうねるところすむところ』は、工務店を舞台に、建設業界で働く女性たちの挫折と成長を描いたお仕事小説です。 『くうねるところすむところ』あらすじ 転職雑誌の副編集長である梨央は、やりがいのない仕事と出口の見えない不倫(編集長と)に嫌気がさし...
恋愛

『パンとスープとネコ日和』群 ようこ

「パンとスープとネコ日和」は、「かもめ食堂」のスタッフが制作したWOWOWドラマ。その原作にあたる「パンとスープとネコ日和」を読みました。 こちらも「かもめ食堂」と同じく、群ようこさんが原作を手掛けています。 「パンとスープとネコ日和」あら...
ファンタジー

『麦ふみクーツェ』 いしいしんじ

いしいしんじさんの、切なくて不思議な物語『麦踏みクーツェ』 麦ふみクーツェ あらすじ 港町でそだった「僕」は、ねこそっくりな声を出すことができる。おじいちゃんは町の吹奏楽のリーダーで音楽のこととなると人が変わったように厳しくなる。 父さんは...
日常系

『誰かが足りない』宮下 奈都

宮下奈都さんの「誰かが足りない 」。レストランと食べ物にちなんだほっこりとした話かとおもいきや、意外な視点で物語が綴られます。 様々な人がレストランに予約を入れるまでの、オムニバスになっているのです。 古くからの老舗で、人気のレストラン・ハ...
日常系

『金魚生活』 楊 逸

『金魚生活』は中国の一般女性の恋と家族関係を描いた小説です。主人公が日本を訪れた際に感じたカルチャーギャップを交えながら描かれています。 表紙の写真は蜷川実花さん。 「金魚生活」 あらすじ 主人公の玉玲はレストランで働いている。仕事は金魚の...
日常系

『太陽のパスタ、豆のスープ』宮下 奈都

失恋した女性が立ち直り、成長していく姿と、風変わりな周囲の人々の物語。 『太陽のパスタ、豆のスープ』あらすじ 結婚二ヶ月前で突然婚約破棄された「あすわ」。人生のどん底を経験し、目の前が真っ暗になったあすわは、風変わりなおば・ロッカさんに、や...
スポンサーリンク