『お父さんと伊藤さん』 中澤 日菜子

がんこ親父イメージ 日常系
がんこ親父イメージ

父親と彼氏と私との奇妙な同居生活を描いた『お父さんと伊藤さん』を読みました。

『お父さんと伊藤さん』あらすじ

彩はアルバイトで生計を立てている34歳。同棲中の彼氏の伊藤さんとは歳が20歳が離れている。世間からみたら負け組なふたりだけれど、本人たちはこの生活を楽しんでいる。

けれどある日、兄のところで暮らしていた彩の父親が突然やってきて、奇妙な同居生活が始まることになり…。

著:中澤日菜子
¥814 (2023/05/13 15:06時点 | Amazon調べ)

取扱注意の父親

彩のようなアラサー世代以上の「お父さん」は、なにかと取り扱いが難しい世代です。彩と伊藤さんの生活や仕事についても、お父さんの価値観からすると、彩たちの生活も最初は「普通ではない=よくない」こととして捉えています。

この世代の「お父さん」は、自分の価値観と子ども世代の価値観、世間とのギャップがうまく埋められないし、伝える方法が下手なんでしょうね。

彩のお父さんも、家族に対してだけは甘えから、威張ったり、説教をしたりするのですが、家族のクッション役だったお母さんがなくなると、当然、子どもたちには反発されてしまいます。

彩の家に来ても当初は伊藤さんと顔を合わすのが嫌で、部屋に引きこもったり、ぶらりとどこかへでかけたりして彩をやきもきさせます。

やがて彩は、父が兄夫婦と同居できなくなった、「本当の理由」を知ることになるのですが…。

中央公論新社
¥924 (2023/05/13 15:05時点 | Amazon調べ)

彩の気持ちもわかるし、お父さん側の立場にたってみると、その切ない気持ちもわからないわけではないし。
家族だからこそ、難しいんですよね。特にお父さんという生き物は、自分の気持を正直に伝えるのが下手だからなあ。

それにしても、伊藤さんの正体、一体何者なんだ…。

出演:上野樹里, 出演:リリー・フランキー, 出演:藤竜也, 監督:タナダユキ
¥3,766 (2024/06/10 10:24時点 | Amazon調べ)
タイトルとURLをコピーしました