ウメップ 梅佳代

写真集のイメージ 写真集

梅佳代さんの写真集『ウメップ』を見るとくすっと笑えます。そして、「日常って、案外面白いことあるんだな」と思えるのです。

リトル・モア
¥2,200 (2023/02/12 18:04時点 | Amazon調べ)
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

変顔の子どもたち、自由な老人たち

ウメップでは、人物の自然で面白い表情が絶妙なタイミングで映されています。まず、表紙の写真。お化け屋敷でしょうか。暗い部屋で泣き叫ぶ子どもたちがいます。

本人たちはメチャクチャ怖いのでしょう。でも、見ているこちらはついつい、笑顔になってしまいます。

ほかにも、より目をしたり、ガニ股でピースをするなど、変顔、変ポーズをとる子どもたち。おいおい、それ将来、黒歴史になるぞ…と心配しながらも、やっぱりついつい笑ってしまいます。

そして、自由なのが老人たちです。

お寺の門の前で、なぜかえびぞりポーズのおじいさん、彫刻の胸を思わず触ってしまうおじさん。疲れたのか、石のベンチの下に足を投げ出し、そのまま地べたに座りこんでいるおばあさん。

彼らの見せる姿は哀愁とユーモアに満ちています。

笑える風景

梅佳代さんは、日常に潜む笑いを見つける天才です。パチンコ屋の看板、最初の文字がかくれている構図や(なんて読むかはご想像におまかせします)、多頭飼いの散歩で紐が飼い主に巻き付いているところ(これは解けるんだろうか…?)など、写真を見るとついつい、笑ってしまいます。

「レ」の形に折れ曲がった二本の、犬の置物の上に載せられた延長コード(また、この犬の表情がいいんです)…。

我々が普段見逃している風景の中にも、梅佳代さんは人生の喜びとおかしみを見出し、それを私たちに写真という形でみせてくれるのです。

ほんとうに、梅佳代写真を見ると、日常って面白いなと思います。

そのほかの梅佳代写真

ファースト写真集『うめめ』

国語辞典とコラボした『うめ版―新明解国語辞典×梅佳代』

タイトルとURLをコピーしました